「2018年9月」の記事一覧(2 / 10ページ目)

【ガイド】友禅染めの技法と工程 | Mikoshi Storys

友禅 日本工芸

友禅染めの技法と工程を写真付きで解説!「手描き友禅」とは、生地を塗料に浸さずに、一枚一枚職人の手によって模様を描き出した染めのこと。直接描いてゆく「本友禅」と、模様の掘られた型を使って染めてゆく「型染め」の大きく二種類があります。それぞれの特徴と趣は、着物、染め物好きなら必見です。

【納得!】加賀友禅 KAGAYUZEN

友禅 日本工芸

クラウドファンディングプロジェクト:約100年の伝統からなる「京友禅アロハシャツ」100%シルクの着心地と日本の伝統キモノ柄。時代の変遷とともに着物の需要は激減し、多くの染屋が廃業に追い込まれました。そんな中、京友禅の伝統を未来に残したいという思いから作った1着のアロハシャツが評判となり、「Pagong」というブランドが誕生します。Pagongとはタガログ語で、きれいな海だけに住み幸せを運ぶと伝えられる海亀です。その1着目のアロハと北斎が描いた大波を京友禅アロハとして復刻します。これからもMADE IN JAPANにこだわり丁寧な物作りを続け、京友禅を次代に継承してまいります。パゴンの応援をどうぞ宜しくお願いします!

【マル秘】約100年の伝統からなる「京友禅アロハシャツ」100%シルクの着心地と日本の伝統キモノ柄 | クラウドファンディング – カナエンサイ夢

友禅 日本工芸

クラウドファンディングプロジェクト:約100年の伝統からなる「京友禅アロハシャツ」100%シルクの着心地と日本の伝統キモノ柄。時代の変遷とともに着物の需要は激減し、多くの染屋が廃業に追い込まれました。そんな中、京友禅の伝統を未来に残したいという思いから作った1着のアロハシャツが評判となり、「Pagong」というブランドが誕生します。Pagongとはタガログ語で、きれいな海だけに住み幸せを運ぶと伝えられる海亀です。その1着目のアロハと北斎が描いた大波を京友禅アロハとして復刻します。これからもMADE IN JAPANにこだわり丁寧な物作りを続け、京友禅を次代に継承してまいります。パゴンの応援をどうぞ宜しくお願いします!

ページの先頭へ